Friday, December 05, 2008

西久保の秋景色

大磯町のいちばん西に位置する西久保は、標高50mほどの低山が折り重なるように続く丘陵地帯です。12月になると、この西久保一帯が鮮やかに色づいてきます。大磯町の観光パンフレットにはほとんど出てきませんが、僕はこの周辺のスケールの大きな秋景色は大好きなところ。特によく晴れた日の夕景は、湘南でも比類ない情感に満ちた表情を見せてくれます。そんな日に西久保を歩いて、大磯の知られざる風景を見つけてみませんか。

2 Comments:

Blogger ひぐっさ said...

秋の風景いいですね。西久保より少し南の石神台の住人ですが、1年前からちょっと大きな犬を飼い始め(1年で20kg増えました…)、土日は3-4時間かけて一週間分の散歩をしてます。海岸方面に行かない時は、もっぱら西久保~黒岩~鷹取山方面をよく歩いています。夏道の照り返しや草いきれ、秋の箱根連山や丹沢に映る残照、冬はやっぱり白きたおやかな富士山の眺めかな。大磯に住み始めて(といっても外れの方ですが)8年になりますが、やっとこの辺りの良さが分かり始めたこの頃です。

1:03 AM  
Blogger ひぐっさ said...

同感です。 西久保の少し南側、石神台の住人です。1年半前にちょっと大型犬(といっても1歳で20kg超えですが…)を飼い始め、平日の罪滅ぼしに土日に集約して、一緒に周辺を3-4時間散策しています。山側散策は、もっぱら西久保・黒岩・鷹取山方面ですね。夏道の照り返しに草いきれの匂い、箱根や丹沢連山に映える秋の残照、冬はやっぱりくっきりと聳え立つ富士山かな。その時々にのどかな気持ちを呼び覚ましてくれる場所ですね。大磯に移り住んで8年、やっと良さが分かり始めた今日この頃です。

12:12 AM  

Post a Comment

<< Home